たいせつなものを残すこと

ホワイトボードアニメーション

こんにちは!
お久しぶりのタッカンです。

 

季節は冬に入り、寒さが増してきました。
そんな中、じわじわと暖めていた企画がついに完成しました!

インターンで来て頂いていた、
【京都精華大学芸術学部】の能美さんと嶋原さんが
おもいでを残す大切さを伝える動画を作ってくださいました^^

 

たいせつなものを
残すことを伝える

まずは、しっかりご覧下さい▼

 

動画は「ホワイトボードアニメーション」という手法で、ホワイトボードに
マーカーでひたすら書いては消す!という、一発で勝負が決まるという
なかなか、手間と時間のかかるものでした。

能美さんが、コマ割を決めて、ストーリーを提案、嶋原さんがキャラクターと実際に描いて
2人の得意な分野を協力して作っていただきました。

何度も、手直しもして頂いて、一生懸命作って頂いて、私も仕上がりにとても満足です!

 

嶋原さんの手書きの柔らかいイラストと、 能美さんのストーリーがMixされて、心温まる仕上がりになりました^^

 

大人になって、自分の子供とも見返すことができる、しっかりした本格アルバム。

貰った時に同級生とはしゃぎなから、見て
大人になってから、懐かしく見返して
自分の子供と一緒に「昔はね…」と語りながら眺める

 

「思い出」を時間差で見返すと、楽しさや懐かしさも倍増します。

思い出残すことのたいせつさを
今後も、広めていければと思います!

 

まずは、今日でもみなさんアルバムを見返してみましょう^^
年末の忘年会がてら、久しぶりに同級生やご家族へ連絡して
アルバム片手にご飯にいってはいかがですか?

タッカン