toggle

大事な写真を守るためのバックアップ方法 3選

思い出バックアップ

皆さんはデジカメやスマホで撮影した写真のバックアップはしていますか?
デジカメで撮っている人はSDカード内に、
スマホで撮っている人はスマホにただ入れているだけになっているのではないでしょうか。

もしそのSDカードやスマホがなんらかのトラブルで壊れた場合、中のデータは復旧がとても難しいですね。

そんな時の為に定期的に別のところにバックアップを保存することをオススメします!
今回は数あるバックアップの方法から3つをご紹介します。
自分にあったものを選んでバックアップをしてみてはいかがでしょうか。

 

1. ネット上だから機材要らず!
クラウドにバックアップ

ネット上にデータを保存できるサービス、クラウドを利用したバックアップ方法です。

嬉しい
メリット

インターネット上に保存する為、SDカードやCD、DVDといった保存媒体を失くしたりする心配がありません。
また、インターネットにさえ繋がっていればスマホやPC、いろんな端末から閲覧することができるのが特長です。
サービスによってはアップした写真フォルダを共有して複数人で見ることもできたりします。

気になる
デメリット

インターネットに繋がっていないとアップロードやダウンロードができないため、閲覧も出来ません。
無料のものは保存できる容量が限られていることが多かったり、
各サービスごとにできることが違うので自分で調べる必要があります。

こんな人に
オススメ

  • 主にスマホで撮影する人
  • 自宅にPCがない人
  • 写真をネット上で共有したい人

予算

予算は無料から月額まで様々にあります。
詳しくはサービスのサイトをよくみてみましょう!

 

2. 大容量で全部保存!
外付けHDDにバックアップ

主にパソコンを使い外付けHDDに保存する方法です。
(無線を使うことでスマホから直接保存できるタイプもあります。)

嬉しい
メリット

インターネットに繋がってなくてもデータをコピーしたりバックアップが可能です。

最近では大容量の外付けHDDもかなり安価になってきたため、
自宅にPCがあるならオススメできるバックアップ方法の1つになりました。
そのためSDカードやスマホからどんどんデータを保存することができます。

クラウドと違いサービス加入などの手続きは一切必要ありません。

気になる
デメリット

基本的にはパソコンが必要で、パソコン以外では閲覧やバックアップが難しいです。
無線を搭載しているタイプならパソコンを使わずに保存ができますが少し高くなります。

1つだけに全部保存していると万が一破損した場合対処できません。
そのため他のバックアップ方法と合わせると安心です。

こんな人に
オススメ

  • パソコンがある人(予算が合えばなくてもOK!)
  • ネット環境に縛られずに快適に保存したい人
  • 大量の写真を一括でバックアップしたい人

予算について

¥5,000〜¥20,000
(保存する容量と相談ですが最初は1〜2TBのものを選ぶと良いでしょう。)
(無線搭載型は搭載していないタイプに比べて値段が高めです。)

 

 

3. イベント毎に保存!
CD(DVD)にバックアップ

CDやDVDに焼いて保存する方法です。

嬉しい
メリット

イベント毎に保存できるため、実物での写真の管理がしやすいです。
CDやDVD1枚あたりが安価な為、手渡しで写真を渡しやすいのも他にはないメリットです。
1枚あたりが安いので予備のバックアップとしても活用できます。

気になる
デメリット

CD/DVDドライブのついたPC、もしくは無線に対応したドライブが必要
(一部の写真屋などではSDカードやスマホからCDへデータを保存するサービスが提供されています)

こんな人に
オススメ

  • 他のバックアップと併用してバックアップを万全にしたい人
  • CDやDVDを焼き増しして配りたい人

予算

CD1枚は100円から、PCなしでも保存できる無線対応のドライブは3,000円くらいから購入できます。
SDカードやスマホからCDヘデータを保存するサービスを利用したい人は[スマホ 写真 CD 保存 サービス]で検索してみてください。

 

バックアップ方法の
まとめ

今回は、バックアップ方法を3つご紹介しましたがいかがでしたか?

デジタル慣れしている分、一瞬で消えてしまう恐ろしさもあります。

自分に合った方法で是非大切な写真、思い出を守ってください。
できることなら、複数の方法を併用するとトラブルが起きたときも安心ですよ。あ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事