平成の花咲じいさんが愛した藤

信達宿の藤アイキャッチ

こんにちは!加藤です ^^
もう4月後半、とうとう桜が終わってしまいましたね。
が、しかし!桜の次は藤があります!!

 

【大阪 藤】と検索すると上部に出てくるのが、
信達宿の野田藤」
大阪府泉南市の熊野街道にある梶本邸の藤です。
春になるとニュースでよく取り上げられますので
ご存知の方もいらっしゃるでしょうか。

 

信達宿の藤
どんな藤?

梶本邸の藤は、梶本昌弘さんが1987年に植えた1本の藤から始まります。
梶本さんが大切に大切に育てた藤は、愛情に応えるようにすくすくと成長し、年々見事な花を咲かせるようになりました。

あまりに見事な藤棚で、その噂は口コミで広がり毎年人が見に来るようになりました。
信達宿の藤 屋号
※江戸時代には熊野街道信達宿で旅籠を営みつつ油商も行なっていたということで、
玄関に「油新」の屋号。

 

2001年 「第一回藤まつり」を開催。

2006年 藤保存会が4月1日に発足。

2008年 平成の花咲じいさんと呼ばれ、藤とともにみんなに愛された梶本さんは肺炎で他界。

この藤を訪ねる人にやすらぎを、去り行く人に幸せを

これは梶本さんが遺した言葉ですが、
この藤まつりのテーマとして会場や公式サイトで掲げられています。

 

 

信達宿の藤
今年の藤は?

4月20日、私も見に行ってきました!
普段はあまり人のいない通りらしいのですが、
この時期は人と車が行き交います。
信達宿の藤  人と車

 

全体的にはまだ満開とはいきませんが、場所によってはこんなに見事に!
信達宿の藤 満開

 

 

信達宿の藤
たくさんの見所

藤まつり敷地に入ると、右手に大きな幹が!
これが七万もの花房を咲かせる幹。
近くにいるキッズ達と比較するとその大きさがよくわかります。
信達宿の藤 藤の幹

 

平安女人衣装の写真撮影スポットも!
信達宿の藤 撮影スポット

 

藤棚の下にはすでに見物客が大勢いました。
信達宿の藤 藤棚下

 

特設足場が組まれてます。
階段を登ると目の前に広がる藤雲海
信達宿の藤 藤雲海

 

中庭も公開されていて、民謡や楽器演奏のイベントもしてます。

近くには、参勤交代の折に紀州徳川家が泊まった信達宿(しんだちしゅく)本陣があります。
こちらは特別期間のみ見学可能で、毎年藤まつりに合わせて公開されています。
信達宿 本陣入り口にて

信達宿 展示物

 

 

信達宿の藤
想いの継承

全ては、たった1本の藤から始まりました。
人に見せたり、熊野街道名物にしたくて植えたわけではありません。
梶本さんの溢れんばかりの愛情を受け、
すくすくと育ち、ついには熊野街道の名物の1つに。

この藤は無料で見ることが出来ます。
個人宅ですが、藤を求める来訪者の為に中庭までも無料で公開されています。
梶本さんの愛情深く優しい人柄が伺えますね。

この藤を訪ねる人にやすらぎを、去り行く人に幸せを

梶本さんのこの想いは、保存会の方々により
今も引き継がれています。
信達宿の藤 入り口

 

2019年は例年よりも開花が遅れてましたので、4月27日まで一般公開が延期されています。
是非一度、梶本さんの藤を生で見てください。
信達宿の野田藤(梶本邸)

kato

kato