toggle

インターンVOICE「家本」くん

夢ふぉと初の長期インターン制度を利用して
様々な大学からインターン生に来ていただいています^^
今日は、その第1期メンバーの「家本」くんのレポートをご紹介します。

 

大学生がインターンシップで来社⑧
インターン生の『家本くん』からの声

初めまして!インターン生の家本です。
今回僕は約4ヶ月間インターン生としてお世話になりました!

僕が夢ふぉとで働きたいと
思ったきっかけ

インターンいiemo

僕がインターンをしようと思ったきっかけは、
自分が将来働いている姿がどうも想像出来ず、まずは働くことへのイメージを
持ちたいというシンプルな理由からでした。

またその中で、単にお金を稼ぐだけでなく
「誰かの幸せに貢献する」会社で経験をしてみたいと思っていたので、
「思い出で人の心の温度を1あげる」理念を掲げる夢ふぉとに興味を持ち、
インターンに参加することにしました!

 

皆で苦心した企画
初めての営業活動

長期インターンのため、経験した仕事内容は様々でした。
アルバムを使った就活生向け自己分析企画や
卒業アルバムの営業同行など、営業チームや制作チームのお手伝いの日々
バタバタと忙しかったですが、他の同期インターン生と
一緒に協力し、企画や営業など様々な仕事を経験させてもらいました!

企画の仕事は、アルバムを使って就活生の
自己分析向けに応用するというものでした。
提案する企画書の作成やプロモーションビデオの提案など、
本当に一から自分たちで企画するものが多く大変でした。

インターン仲間

同じインターン生の仲間と!

 

初めてだらけの仕事
なかなか進まない会議

働き初めの方は、会議で一度議論した内容が
結局無駄になるケースが多く、
皆で苦心しながら効率的な議論を心がけていきました。

 

日々皆で反省・改善を行いつつ、
チームで働く難しさや楽しさを実感しました。

営業の仕事では、僕がコミュニケーションを取るのが
得意でないこともあり苦労しました
その中で、精神的な面での切り替え方や、話術が苦手な分、
営業中だけでなく日々の会話で苦手な点を意識したり、アルバムの知識を増やすなど、
事前の準備で自分の強みを作れるように工夫をして取り返すよう試みました。

大変な部分も多かったですが、
大学生活では触れることのない仕事だったので、
とても新鮮で多くのことを学ぶことが出来たと思います!

「働くこと」への
実感をつかんだ4ヶ月間

インターンでは様々な仕事を通して多くのことを学ぶことができました。

朝早く起きて会社に行き、働いている社員さんとともに業務に取り組む。
会議や昼礼などを通して会社としての考え方や方針を共有する。
効率的な作業、発言を意識して業務や会議に取り組むetc…

毎日のルーティン、日々の業務で起こる課題など、その一つ一つが学生としてはとても新鮮でした。

そうした中で、チームで協力して成果をあげていき、ビジネスを通して社会に貢献していくこと。
またその大変さなども分かり、目的だったインターンを通して働くことへの実感を持つことができ、
将来について具体的に考えることが出来るきっかけになりました!

 

夢ふぉとの社員さんはいつもとても気さくに話しかけてくれ、
業務のことだけでなく仕事に対する考え方や姿勢について色々なことを教えてくれました。
そうした社員さんとのお話、また身近な存在である社員さんが
プロとして仕事をこなす姿は、この先働く上で非常に参考になりました。

2ショット
インターンボイス撮影途中に営業のオシャレNo1の岩城さん登場!

また社員さんとの飲み会やインターン生同士で飲みに行ったりと、
会社外でも多くのことを語り合いとても楽しい日々でした!
インターン生の仲間に送別会も開いてもらい感動!

4ヶ月間でしたが、多くのことを学び、
そして楽しむことが出来ました!

ちなみに今は一年間の休学中で、今後は海外を旅して回ろうと画策中です。

海外の旅を終え、バリバリの営業マン、制作マスターとなった
同じインターンの仲間達に会えることもとても楽しみです!

皆さん本当にありがとうございました!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事