インターンVOICE「瀬々」くん

インターンシップ

大学生がインターンシップで来社⑩
インターン生の『瀬々くん』からの声

初めまして!インターン生の瀬々です。
今回僕は約8ヶ月間インターン生としてお世話になりました!

 

 

僕が長期インターンに
チャレンジした理由

インターン

大学3回生になった僕は授業が週2日になり
平日も時間に余裕が出来ました。
それまでもアルバイトはしていたのですが、
普通のアルバイトよりも長期インターンの方が
自分の就活に活かせる経験ができるのではないかと思い
長期インターンシップにチャレンジしようと思いました。

 

僕がなぜ夢ふぉとを
選んだのか

長期インターンシップに挑戦しようと思った僕は
複数社の長期インターンに応募したのですが、
面接官をして下さった岩城さんの雰囲気や
会社の理念や社長の考え方などに
最も魅力を感じたので夢ふぉとに決めました。

 

また、扱っている商材が卒業アルバムということも
夢ふぉとを選んだ理由の1つです。
人の思い出をカタチにするアルバムって
とても素敵なモノだなって思いましたし、
それに対して社員の方々は
どのような思いで働いているのかということも
気になり夢ふぉとを選びました。

 

僕がインターンで
経験した事

長期インターンのため、様々な仕事を経験しましたが
大きく分けると企画と営業でした。

 

企画では、就活生の自己分析向けに
アルバムセラピーを応用するというものに挑戦しました。

企画書をどのような流れで構成し、どのようなPVを作るのかなど
カメラマンさんともミーティングをしながら
一から企画していきました。

 

企画の会議を通して、会議を効率的に進める為の方法や
会議の時間に対してどれだけのパフォーマンスが出せているか
などを考える事が多く、社会に出ても役に立つ経験が出来ました。

インターン研修

また、営業では、大学の学部や部活やサークルなど
大学生のコミュニティをターゲットに
実際に大学生に声をかけ、アルバムの提案営業を行いました。
社員さんが声をかけるとお客様はとても笑顔で聞いているのに
僕が話しかけると、お客様の顔が強ばっていて、
話している内容は一緒なのに営業って難しいなと
経験で感じる事が出来ました。
営業は難しくて大変な事も多かったですが、
学生でこの経験ができたのは本当に良かったと思います。

 

夢ふぉとで働いて
最も学んだこと

長期インターンとして約8ヶ月働かせて頂き
僕が最も学んだことは
誰と仕事をするかということの重要性です。

今までは飲食店でしかアルバイトをしたことが無かったので
実際にオフィスで働くことにとても緊張していたのですが、
社員の方がとても素敵な方々で気さくに話しかけてくださったり、
インターン生のために歓迎会を開催してくださり
とても楽しく働くことができました。

飲み会

僕は見た目が老けているので、インターン生にもかかわらず
年上の社員さんから「課長」と呼ばれいじられてました 笑
(実際に社員さんと一緒に営業に行った時に、
僕が上司だと思われていたこともあります 笑)
営業で大変な時も社員さんの為にも
頑張ろうと思うこともあり、
誰と仕事をするのかは大事だと感じました。

 

また、同期のインターン生も個性が強いけど
全員タイプが違っていて面白かったです。

同期メンバー

営業終わりにインターン生で飲みに行くこともありました。

 

夢ふぉとの経験が
就活に活かされている

僕は現在3回生なので就職活動をしているのですが、
夢ふぉとの経験が活かされていると感じます。

インターン最終日

企業選びの軸として
「誰と仕事をするのか」という軸ができたのは、
夢ふぉとで長期インターンを経験したからだと思います。
また、営業の難しさについても学んだのですが、
営業の力を付けたいなと感じ
「営業の力が付く環境」という軸も出来ました。

 

今後も就職活動は続いていくのですが、
夢ふぉとで経験したことを軸に
自分の後悔しない就職活動、そして入社してからも
自分の理想の人材にいち早くなれるよう頑張ります!!

 

皆さんありがとうございました。

 

 

guest