Vol.02[粘土作家:中島準子さん]

こんにちは。タッカンです。
大きくなったら何になりたい?

小さい頃に必ずといっても良い程聞かれるこの質問。
皆さんも答えた経験はありませんか?

将来の夢は、世代によって、人気の職業なども変わっていきますが、
いつの時代も小さい頃、ただ夢を思い浮かべるだけでワクワクしたものです。

夢ふぉとの、アルバムデザインの中で
「将来の夢の着せ替えデザイン」というデザインをご存知でしょうか?
nakajima05

この着せ替えパーツは、現在では100種類以上のデザインがあり、毎年増え続ける人気のデザインです。
今回は、様々な将来の夢を粘土で表現している粘土作家さんに語っていだきました。

ブランドコンセプトについて
教えてください。

コンセプトは
幼稚園時代に「子どもたちがよく使う粘土で、将来の夢を表現する」ことです。

nakajima02

昔、自分が
なりたかった夢は何ですか?

マンガ家です!子供時代はボーイッシュで、活発なタイプでした。

粘土作家になったきっかけを
教えてください。

きっかけは、子供と粘土で一緒に遊んでいて、
お人形を作って楽しそうにしているのを見て、段々のめり込んでいきましたね。
nakajima01
作りながら、子供達の将来の夢をテーマに作りたいと思いました。
今までは、雑貨や幼児玩具のデザインをしていましたが、
印刷物でもぬくもりが伝わるように、
デジタルではなく、手作りの良さで表現したかったからです。
なので夢ふぉとさんで展開して頂いている
「将来の夢シリーズ」が粘土作家としての初めてのお仕事です。

普段生活している中で、これは職業病だなぁと
感じる事はありますか?

あります!何事にも色にこだわってしまうことですね。

将来の夢シリーズは毎年種類が増えますが
お気に入りはどれですか?

わたしのお気に入りはこれです!
将来の夢シリーズ中で、一番最初に作った作品花屋さんですね!

nakajima03
バランスを整えるのもとても苦労した覚えがあります。

では、これは難しかった!という
粘土デザインはどれですか?

それは、やはり思い出深いこれでしょうか…
nakajima04

パティシエとケーキ屋さんなのですが、
似ている職業の違いを表現するのがとても難しかったです。

あなたにとって粘土作家を
一言で表すと?

「チャレンジ!」です。
毎回、こんな夢の職業を作ってほしいと 依頼がある度に、工夫して考えています。
たくさんのかわいい子供達が夢を叶えてくれる事を願っています。

nakajima07

今後は、印刷物の仕事もしていますので
粘土を使って、ポスターや広告などを制作して行きたいと思っています。

 

========================
ありがとうございました!
ちなみに今年、新たに7つの職業が追加されています。

nakajima06

見るだけでも暖かみを感じる粘土で
将来の夢を表現してくれる中島さんの
「チャレンジ」はまだまだ 広がりを見せてくれると思いますので
新デザインも乞うご期待ください。
=== 粘土作家 中島 準子 ===
粘土を使った暖かみのあるデザインで
現在は印刷物のデザインの仕事をしつつ、人気のアルバムデザイン
将来の夢粘土シリーズを制作しています。

将来の夢粘土デザイン詳細はコチラ

粘土デザインはアルバムを簡単に作れる
らくらく制作ソフトで実際にご覧いただけます。 体験版はコチラ
==========================

タッカン