toggle

Vol.07[アクセサリー作家:touvenir-upcycleさん]

touvenir-upcycle

こんにちは、古今東西の東です。
あれ?お気づきになりましたか?いつもの「東西南北」とは変わっています★☆
そろそろネタもリフレッシュ!ということで変えてみました。
前より良くなってますか?

前より良くなるといえば、
こんな素敵なアクセサリー作家さんがいらっしゃいます!

 

ブランドのコンセプトを
教えてください

upcycle「使い終えたものに新しいいのちを」
をコンセプトに、古い新聞や雑誌、空き缶等様々な素材と対話しながら、
心踊るようなものづくりを目指しています。
touvenir-upcycleアクセ1

 

昔なりたかった夢は何ですか?
子供時代はどんな子でしたか?

小さい頃から絵を描くのが好きで、
4〜5歳の頃には着せ替え人形などを自作して遊んでいました。

編み物や縫い物も、母親にねだって教えてもらった記憶があります。
読書も大好きで、中学生くらいまでずっと童話作家になりたいと思っていました。
色黒のインドア派は今も変わりません。

 

作家になったきっかけを
教えてください

いつか自分のお店を開きたいと中学生位から思いはじめ、常に何かを作っていました。
デザイン系の専門学校を出た後は、ほかの仕事をしながらイベントに出店したり、
作家活動を不定期で続けていました。

仕事はこだわらず、わりと転々としてきました。
デザインの仕事や雑貨屋さん勤務、ケーキ職人や営業等。
今となっては全部が活かされている気がします。
touvenir-upcycleアクセ2

touvenir-upcycleアクセ3

 

普段の生活でこれは職業病だなぁ
と感じる事はありますか?

常にものづくりの事を考えているので、テレビや本、毎日行くスーパーでさえ
新しい素材や情報をキャッチしようとアンテナを張っています
お菓子を買うのも、素材になりそうな包み紙重視です。

 

今まで作った作品の中で、
お客様との思い出深いエピソードなどありますか?

私の作品を選んで下さるお客様は、皆とても素敵で、
お話した方はみんな思い出になっています。

作品としては、紙で作った宝石の王冠がいちばんの大作です。
雑誌に掲載されたので、お客様からも『見たよ!』と声をかけていただけたりも。
touvenir-upcycleアクセ4
※『装苑』2017年2月号に掲載作品。

 

あなたにとって作品とは
どのような存在ですか?

愛情込めて作っていますが、”商品”である事を忘れないようにしています。
自己満足ではなくて、人に喜んでもらえてこその”商品”です。
touvenir-upcycleアクセ5

 

おもいでnaviをご覧の方に
メッセージお願いします。

私は本当に身近なものを使ってものづくりをしています。

思い出すのは、まだほんの子供の頃に祖母の家でずーっと使われていたビーズの暖簾をもらって、アクセサリーを作った事。
皆様もインスピレーションが沸いたら、少しずつでも作ってみることで、
日常がとても楽しくなると思いますよ(*^^*)

 

============
touvenir-upcycle(トゥーヴェニア アップサイクル)

今の形で活動を始めてから、1年未満。
「minne×装苑 クリエイターズコラボ」企画にて
『装苑』2017年2月号に作品掲載

URL:https://touvenir.thebase.in
Instagram:@touvenir

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事