Vol.08[キャンドル作家&イベントコーディネーター:Michelle Candles Kyotoさん]

こんにちは、東西南北の東です★☆

本日はキャンドル作家であり、イベントコーディネーターをされている
Michelle Candles Kyoto(ミッシェル キャンドルズ キョウト)さんを
ご紹介いたします。

 

イベントコーディネーターとしての
コンセプトを教えてください

「ほんのり・ほっこり・幸せ時間」です。
キャンドル

 

昔なりたかった夢は何ですか?
子供時代はどんな子でしたか?

夢はピアニストでした。
3歳から音楽学校に入学し、本格的に目指 していました!
(約15年間習いましたが、結局趣味になりました・・ ・)

母が多趣味で、手毬・紙粘土などのクラフトをよく作っていました。
その影響からか、工作も賞を取るぐらい得意で、
音楽と図画工作の成績だけが抜群に 良かったです(笑)
また、父が転勤族だったため、友達と仲良くなっては引越し・・・
という寂しい思いもしてきました。
でもおかげで、どこにいっても友達を作りたくなる、 社交的な性格になりました。
いろんな地域に住めたことも、今となってはいい思い出です。

 

イベントコーディネーターに
なったきっかけは何ですか?

NYに住んでいた時に、日本では見ないようなオシャレなキャンドルに出会い、
コレクションするようになりました。
帰国してから何か新しく始めたかったのもあり、
自分で作ってみようと思ったのがきっかけです。

昨年からは、キャンドルの作家活動のほかに、
京都のお寺をお借りしてイベントを開 催しています。
忙しい日々に追われていると、
ふと、いろんなことを忘れて夢中で何かを作りたくなりませんか?
そんな想いの方々に、非日常空間でキャンドル作りなどを通して、
リフレッシュしてもらえる時間を提供できたらなと思い、始めました。
キャンドル準備物

 

今までのイベント活動の中で、
お客様との思い出深いエピソードなどありますか?

イベントは、おかげさまでプレも含めて、 次回で6回目を迎えます。
毎回、 どのイベントにもドラマがあり、思い出がつまっています!

周りの方々が応援してくださって開催できていますので、いつも感謝しています。
とにかく、参加してくださっている方の笑顔を見るたびに、
企画や準備の大変さも吹き飛び、私自身もパワーを頂いています。

そういえば、 前回のイベントはNYに住んでいる友達が参加してくれたんです!
私がNYに行かなければ彼らとは出会わなかった。
そして、 彼らがはるばる離れた京都のイベントに来てくれることもなかった。
そもそも、私がNYに行く決断をしていなければ、イベントの企画もしていなかったかも…
と思うと、「人生はすべてつなっがているんだな」とじんわり感動してしまいました。
私の人生は、そんなたくさんのあたたかな出会いに支えられています。
キャンドルワーク

 

あなたにとって
イベントとは?

新しい一歩を踏みださせてくれて、
新しい世界を見せてくれる。
キャンドル作風景

 

おもいでnaviをご覧の方に
メッセージお願いします。

Michelle Candles Kyoto の記事に目をとめてくださり、ありがとうございます。

私のイベントには、お寺が好き、 作ることが好きな方はもちろんですが、
「落ち込んでいて元気になりたい方」にもお越し頂きたいのです。

実は、私も帰国してから心にぽっかりと穴があいてしまった時があったのですが、
キャンドルに出会い、夢中になってデザインなどを考えて作る時間が、
この新しい一歩を踏み出させてくれました。

そんな経験から、これからの私の人生は「誰かのために」という大きいテーマを掲げています。

イベントでは、新しい出会いもありますし、作ることに夢中になるうちに、
悩みや嫌なことはいつの間にかどこかに置き去って、楽しんで頂けると思っています。

皆様にとって少しでもいい思い出になるよう、心をこめておもてなしをさせて頂きます。
お会いできますことを、心から楽しみにしております!

 

===Michelle Candles Kyoto===
(ミッシェル キャンドルズ キョウト)

2015年4月より活動スタート。
日本キャンドル協会(JCA)認定インストラクター
一般社団法人アートキャンドル協会®(ACA)認定アーティス ト
2016年より京都を中心にイベントコーディネーターとしても活 躍
2017年2月、ルクアイーレにてキャンドル販売で百貨店デビュー
URL:https://www.facebook.com/mihobranding/

 

ヒガシ